明治大学阿久悠記念館 AKU YOU Memorial Museum
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学アカデミーコモン地階

●開館時間 10:00-17:00
●休館日 夏季休業日(8月10日〜16日)、冬季休業日(12月26日〜1月7日)
※8月の土・日曜に臨時休館があります。
●入館料 無料
●問合せ 明治大学総務課大学史資料センター 電話 03-3296-4329
ホームページ http://www.meiji.ac.jp/history/
●アクセス JR・地下鉄御茶ノ水駅徒歩5分、地下鉄新御茶ノ水駅徒歩8分、地下鉄神保町駅徒歩10分

明治大学HP内阿久悠記念館情報
http://www.meiji.ac.jp/akuyou/index.html

「明治大学 阿久悠記念館」について

日本を代表する作詞家・作家阿久悠は、だれもが知る多数の歌謡曲の作詞を手がけました。都はるみの『北の宿から』、沢田研二の『勝手にしやがれ』、ピンク・レディーの『UFO』などの大ヒット曲を数々世に送り出してきました。日本レコード大賞受賞は史上最多の5回、シングルレコードの売り上げは6,800万枚を越え、史上1位です。
その活躍は作詞のみにとどまらず、直木賞候補となった『瀬戸内少年野球団』をはじめとする小説作品や、アフォリズム(警句)の手法を駆使したエッセイ、詩歌を多数発表し、作家として多大な業績を残しました。
2010年、ご遺族から、自筆原稿をはじめとする阿久関係資料およそ1万点が寄贈されました。そのことを受け、同氏の業績をたたえるとともに、その遺産を次世代に継承していくために阿久悠記念館をオープンさせることとなりました。

阿久悠(1937-2007年)

作家。1937年(昭和12年)兵庫県生まれ。1959年、明治大学文学部卒業。広告代理店を経て、1966年からフリーとなり文筆活動を本格的に開始する。歌謡曲からアニメソングやCMソングまで5,000曲以上に及ぶ作品を幅広く手がけ、日本を代表する作詞家として活躍した。小説『瀬戸内少年野球団』は映画化され、作家としてもその才能を発揮。日本レコード大賞を数々受賞し、1997年には作詞活動30年の功績が称えられて第45回菊池寛賞を受賞。1998年、明治大学特別功労賞、1999年、紫綬褒章、2007年、旭日小綬章などを受賞している。

展示の概要

展示は、阿久悠と明治大学の関係や、生い立ち、作詞家・作家としての業績、ゆかりの品などを紹介するコーナーで構成します。
主な展示資料は、作詞や小説など創作にかかわる手稿類や数多くのレコード、著作書籍、さらに趣味の絵画作品や蔵書等コレクションなどです。本学に遺贈されたこれらの記念品は1万点以上にも及びます。また、伊豆にあった自宅の執筆部屋も再現します。

・コーナー1 阿久悠と明治大学
阿久悠と明治大学の関係を紹介します。
・コーナー2 生きっぱなしの記
淡路島で生まれ、後に多大な業績を残した生涯を紹介します。
・コーナー3 歌もよう・人もよう
幅広いジャンルの作詞・作家活動の業績について紹介します。
・コーナー4 阿久悠の書斎
阿久悠の仕事場所である自宅書斎を再現します。
・コーナー5 特別展示
多彩なテーマを、随時入れ替えながら紹介します。
・コーナー6 明大歌謡史の系譜
歌謡界を牽引する明大出身者の業績を紹介します。
・コーナー7 阿久悠の歌
阿久悠が作詞した代表曲を検索・視聴できます。